ついに公開となった庵野監督の最新怪獣映画『シン・ゴジラ』観てきました。
(以下、ネタバレあり注意)








 感想は一言言って
「ゴジラを生んだことを日本は誇ろう」




はっきり言おう、
いままで観たゴジラで最高に良かった!!!
正直「庵野、ゴジラ作ってる暇あったら、早よエヴァンゲリオン完結させろや」と文句言いたかったのだが、
こんなすごいの作られたら文句が言えない(いや、やっぱり言おう「早よエヴァ作れ」www)

内容としては「実際に怪獣が現れたら政府はどう対処するのか?」という感じが
臨場感あふれています。大体話の3分の2が政治シーン。
おそらく観た人の大半は「政治家が無能すぎる」と感じたことだろうwww
ゴジラの出現にパニくり、何かある度に「想定外だ」「前例がない」「マニュアルがない」と言い訳しまくる。
とはいえ政治家たちを責めるのは酷というものだろう。
政治家たちってのはエリートの集団。
そしてエリートってのは、マニュアルのプロフェッショナルなのだ。
つまりマニュアルや前例のあることには凄まじい優秀なのだが、
前例のないことにはまるで対処できないのだ。
で、想定外の事態には脆い。それが政治家の弱点なのだ。
今回の事態はまさにその弱点がモロに出ている。
それを聞いた実際の政治家は
「いや、想定外も何も実際に怪獣なんか出ないじゃん」とツッ込みそうだが。
でも災害や戦争はいつだって「想定外から始まる」ものなのだ。


そしてゴジラとの戦闘もまさに歴代最高の面白さ。
クオリティだけに関して言えば一昨年やったハリウッドのゴジラの方が上ですが、
やはり日本の方が『重さ』を感じます。
この『重さ』こそが日本特撮の醍醐味なんですよね。
いくらクオリティが海外にも劣っていてもこの『重さ』があるからこそ迫力のある画が見せられるんです。
(しかも庵野監督、この重さをより魅せるために、わざと画質を昭和レベルに落としている節がある)

そしてこの映画観て感じたのは
「やはりゴジラは日本が作ってこそゴジラ」だということを痛感したことだ。
とはいっても別にハリウッド版が悪かった訳ではない。
ただ、やはり、日本の作った方がゴジラらしい。
なによりゴジラと戦う人々の「死にもの狂い」感が強く伝わってきます。
『GATE』では帝国軍やドラゴンを圧倒していた自衛隊がゴジラにはまるで歯が立たず、
あくまでも『力』で対処しようとするアメリカに対して
日本は『英知』で対処しようとする。
(電車に爆薬詰めて体当たりさせたり、高層ビルをわざと倒壊させてゴジラの動きを止めたり)
「日本はまだまだやれる」
この言葉がこの映画での日本のこれからを示していると思うのは思いすぎでしょうか?

とにかく、ガルパンと並んで超オススメです。
というか、日本人ならぜひ観るべきです。
スポンサーサイト
2016.07.31 Sun l 特撮 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
シンゴジラ良いですよね。自分は2回見に行きました。
2016.08.11 Thu l ナナシ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://denjirou2002.blog109.fc2.com/tb.php/220-9962fa78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)