映画『ドラえもん~新のび太の日本誕生~』『仮面ライダー一号』『暗殺教室~卒業編~』観てきました。
(以下、感想ネタバレ注意)



























まずは『ドラえもん~新のび太の日本誕生~』
感想は一言言って。

『ある意味、これぞドラえもんの真のテーマ』

劇場版ドラえもんでは『のび太の恐竜』に次いで知名度が高い
日本誕生のリメイクがついに登場。
私がこの映画のリメイクで一番気になってたのは
「ギガゾンビとペガ達の扱い」である。

まずギガゾンビ。
ドラえもんより未来の時代の時間犯罪者で
秘密道具の力を無効化したり改変したりする、歴代劇場版の中でも最強クラスの悪役なのだが、
いかんせん旧作ではその実力がありながら、
タイムパトロールが駆けつけたら、あっさり観念して捕まってしまい、
ものすごい肩透かしくらった記憶がある。
っていうか、これは前にも言ったけど、旧作の悪役はとにかくあっさりやられることが多い。
しかもタイムパトロールとかが強すぎて(というか悪役があっさり観念しすぎ)
肝心のドラえもんたちの主役勢の頑張りがほとんど無意味になってしまった感があるので
「もう少し悪あがきしろや! 悪役!」といつも思ってたものだ。
なので今回のギガゾンビはちゃんと強めに&策略的に設定されているので安心しました。
ま、結局はタイムパトロールに捕まるんですが、
ちゃんとドラえもん達に見せ場があるのでOK。

そしてペガ達、のび太が作った三匹の幻想動物についても
旧作では上記の展開のせいで、ほとんど「出す意味あったの?」っていうぐらい空気・・・
なので今回は出番多めになったのは良かったです。

後、一言にあったドラえもんの真のテーマ。
ドラえもんの一番のウリといえば、ほとんどなんでもアリな便利なひみつ道具。
でも見ていた人はこう思ったことはないだろうか?
「こんなに便利すぎて大丈夫なの?」と
その疑問に対するひとつの答えが今作
目には目を、秘密道具には秘密道具。
未来では秘密道具対策の技術がある訳だ。
ところが今作登場のギガゾンビは『その秘密道具対策の技術を犯罪に使っている』のである。
まさに本末転倒、まさにイタチごっこ。
そんなギガゾンビに、ドラえもん達はある方法で対抗するのですが、
それは観てのお楽しみ。

ちなみにこのドラえもん。アジアでは大人気ですが、
欧米では「ひみつ道具が便利すぎて教育によくない」と不評です。
そんな欧米にこの映画を見せてやりたい。
「ひみつ道具の便利さばっかり観てんじゃねーよ」と。



おつぎは『仮面ライダー一号』
感想は一言言って

『敵がアホすぎる』

ついに! ついにファン待望の藤岡一号フル出演!!!
もうこれだけでファンは感涙もの。
今回は出演ライダーを絞ったのでその分話とキャラ描写をじっくり描けたと思います。
・・・が、突っ込みたい。
ノバショッカーの皆さん
君らアホ過ぎますwww
「旧ショッカーのやり方はもう古い」と豪語して離反して
高度な戦略で瞬く間に日本のインフラを乗っ取ってしまう。
あまりの手腕に
「おおっ! こいつらすげぇ! これライダー達、どうやって計画阻止するんだよ?」
とスゲェ感心してたのに、

・・・・・・横取りしたあるアイテムで暴走して自滅しやがったwww

あの鮮やかな侵略作戦も暴走で全部うやむやに・・・
って・・・・・・アホかーっ!!!!www
他の幹部も、一緒に暴れてないで止めなさいよ!!

今回の作品は「命とは?」がテーマかな。
それを最古のライダーと、最新・・・だけど死者(現時点)のゴースとが語り合うってのも凄い話だな。



そして『暗殺教室~卒業編~』
感想は一言言って

「出来れば三部作にして、A組や理事長も登場させてほしかった」

尺の都合で触手関連のエピソードに絞らざる得なかったのは解りますが、
やはり教育をテーマにしている以上、もう一本分増やしてその部分を増やしてほしかったなぁ・・・
でないと理事長、ただの最低な奴じゃん(それ以前に、前作思わせぶりに登場しておいて、以後全然出番なしwww)
A組勢も最初はE組をただ見下していたのが、次第に正面から叩き潰したいライバルと認めていく辺りも感動的で良かったのに
丸丸カットなのはなぁ・・・
後、E組が調子に乗って老人を怪我させてしまう話や、暴走モンペと化した渚の母親の話とかも出してほしかったな・・・
本当は三部作にして、そのあたりも入れて(で、茅野の話は第二部のラストにして)欲しかったよ。
こんな映画、日本にしか作れない(技術的ではなく感性的に)ので
本当に惜しい気がしてならない。
もっとも、映画自体は感動できたので損はありません
スポンサーサイト
2016.03.27 Sun l 特撮 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
いつのまにか記事できているんですね

アニヲタWiki(仮) - 扉の伝説~風のつばさ~
ttp://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/25242.html
扉の伝説 ~風のつばさ~とは (トビラノデンセツカゼノツバサとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ttp://dic.nicovideo.jp/a/%E6%89%89%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%AA%AC%20~%E9%A2%A8%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%B0%E3%81%95~
扉の伝説 - アンサイクロペディア
ttp://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%89%89%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%AA%AC
2016.04.25 Mon l ナナシ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://denjirou2002.blog109.fc2.com/tb.php/215-7bdb731f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)