さて、2015年の夏アニメが終わったのでレビューいきたいと思います。

総括すると今期は良作揃いで豊作だった気がします。
・・・・・・なんですが、
なんだろう? なぜかそれを素直に喜べない。
まぁ、そう理由はあります。
これは最近思ったことなのですが。

『放送するアニメの本数が多すぎる』

とにかく多い、多すぎる。

「DVDの売り上げがどれも爆死」
「アニメ化する原作不足」
「万策尽きて総集編&放送延期」

そりゃそうだろう。
こんなに一度に放送したら、
人材も需要も分散しちゃうに決まってんでしょうが。

デジタル撮影で地方でもアニメ作れるようになったのは良いんですが、
人材が不足してるってのにあまりに本数が多すぎる。
こんな状態でクオリティの高いアニメ作ろうとすれば、
万策尽きるに決まってるし、
有能な人材は奪い合い&使い潰されてしまう。

アニメヲタクにしたってそう。
いくら好きな作品にお金に糸目をつけないといっても限度ってもんがある。
特に私のような40代以上の中年ともなれば、
さすがに趣味への散在は控えるようになるので「本当に欲しいものを絞って買う」ようになる。
なので、どんなに沢山面白いアニメが出ようが、全部買うことはない。というかできない。
結果、本当ならもっと売れてもいいDVDやグッズの需要が分散してしまい、
思ったほど売れなくなってしまう、
つまりは『共倒れ』状態な訳ですよ。

アニメ会社にしてみればそりゃ自社制作はやりたいだろうし、
実績の為にアニメを作り続けないといけないという、事情は理解できなくもないが、
いかんせん、人材やコスト(さらには原作)という供給が追い付いていない状態で、
この本数はあまりにも多すぎる。

この半分、もう半分本数を減らしてくれれば・・・・・・

このままだとアニメ業界は宮崎駿監督の警告した通り「ドン詰まり」状態になってしまうのは時間の問題ですよ。
というか、もうなっているよね、これ・・・・・・

本当、今期は良作が多かっただけに不安はぬぐえません。


・・・・・・と、まぁ
マジメな話の上ですみませんが、レビューいきます。
(以下、ネタバレあり注意)


『城下町のダンデライオン』
 ①主人公が9人兄弟の大家族。
 ②主人公が王族で、その後継を兄弟で選挙。
 ③主人公兄弟全員が超能力持ち
 ・・・・・・
 設定多すぎ!!!
 この三つのうちひとつだけで充分面白い話が作れるのに・・・
 でも話はそれなりにまとまってはいるので問題はないけど。
 とはいえ、それなら2クールやった方がもっとキャラの掘り下げ出来たのでは? と、思います。


『六花の勇者』
 あ、ありのままに起こったことを話すぜ?
 最初は「うわ~滅茶苦茶ド王道なファンタジー冒険もの始まったな」と思ったんだ。
 と、思ってたら、途中からいきなり『人狼ゲーム』になってしまったんだぜ。
 何を言ってるのかわかんないと思うが、俺もわけわからんw
 しかし、真犯人の使ったトリックが
 『ファンタジーものならでは』でありながら
 『ファンタジー世界の盲点を突いた』斬新な方法だったのには脱帽もの。
 ド王道の展開も期待してたんだけど、こっちの推理物の展開もこれはこれで面白かった。


『GATE』
 なにこの自衛隊賛美の作品?
 いや、面白いんだけどさ。
 でもこれをよく、この安保法案で騒いでる中放送できたよなぁ・・・
 気になるのは
 「自衛隊の人って、初実戦であんなにためらいなく人殺せるもんなの?」ってこと。
 一応、そういう訓練は受けてるらしいけど、
 こればっかりは実際に戦争になってみないと解らないけどね。
 それにしても最近は『テルマエ・ロマエ』や『信長のシェフ』みたく
 異世界や別時代に飛ばされて主人公が知識や文化を使って交流する
 『異世界交流もの』な作品多くなったよなぁ・・・


『監獄学園』
 世界よ! これが日本のアニメだ!!ww
 ってツッ込みたくなるぐらい、おバカなアニメwww
 正直、こんなおバカなアニメは、日本人の感性でしか作れんわww
 まぁ、誇れたもんじゃないけど・・・なっ!www


『プラズマイリヤ3』
 FeteUBWの後でこのシリーズはすんげぇ切なくなる・・・
 (だってUBWで殺されちゃった娘が主人公なんだぜ)
 っていうかこのシリーズ、どのスピンオフも面白すぎて困ってしまうwww
 アポクリファも、ストレンジフェイクもいずれアニメ化すると予想。


『おくさまは女子高生』
 エロコメだけど、10分アニメのせいか影が薄い・・・

『ミス・モノクローム2』
 結局、モノクロームの活動はうまくいってるのかいってないのかさっぱり解らんwww
 まぁ、3期すぐ始まるからいいかwww

『わかば・ガール』
 なん・・・だと? 全一巻の原作がアニメ化って・・・?
 逆になぜ全一巻なのかが気になる。
 (打ち切られた、というより作者の都合っぽいなこれ・・・)

『クラスルームクライシス』
 企業ってエグイ!!って作品www
 実際の企業はもっとエグいんだろうけど、
 特に組合長の手のひら返しはマジエグい。
 (ついさっきまで味方として擁護していた相手を、事情が変わった途端あっさり見捨てるとか・・・)
 これ観てて思ったけど、この手の企業がうまくいってない時の原因って大半が
 『役員(文系)と開発(理系)の価値観の温度差』にあると思う。
 まぁ、このあたりはまたいずれ。

『がっこうぐらし!』
 今期一番の注目作。
 よくある日常モノだと思ってたらゾンビハザードものwww
 私も原作一巻で騙されたwww
 原作がニトロプラスの人、という時点で気づくべきだったよwww
 それにしても面白いのは
 『壊れていた』主人公が実はメンバーの中で一番しっかりしていた、って所。
 彼女が壊れていたおかげで他のメンバーがかろうじて壊れるのを踏みとどまっていた訳で、
 皮肉にも程がある。
 原作と改変された部分もなかなか良かった。
 ただ、覇権と呼ぶには何かが足りない。

『空戦魔導士候補生の教官』
 正直「ああ、またこのパターンかよ」感。
 普通に面白かっただけになにかが惜しい。
 原作者は実力ではなく運がない、としか言えない。
 (せっかくのアニメ化なのに、残念感しかない)

『青春×機関銃』
 なんか最近の少女漫画原作は、なんかオリジナリティがあって面白い。
 一話で切るつもりだったのに、結局最終回で観てしまった・・・
 ただ・・・
 ①主人公、強引にサバゲーを薦められる。
 ②主人公、サバゲーに超ハマる。
 ③主人公、調子こいて大ポカやらかす(もしくはボロ負けする)
 ④主人公、サバゲー薦めた奴と方針で仲違いする。
 ⑤主人公、薦めた奴といつの間にか仲直り。
 ・・・・・・なんか、サバゲーものは
 こういう展開にしないといけないのだろうか?www

『赤髪の白雪姫』
 タイトルからして、白雪姫モチーフにした話かと思ったら、
 この話のどこに白雪姫的要素あんのかさっぱりわからんwww
 どっちかっちゅうと『アトリエシリーズ』っぽい話。
 悪くはないんだが、なぜ白雪姫なのか? どうしても気になる。

 
『シャーロット』
 今期の覇権候補。
 やっぱりだーまえは凄い、としか言いようがない。
 だったら『リトルバスターズ』もP.Aで作ってくれたらよかったのに・・・
 いや、JCが悪かった訳ではない。悪いのは角川だ。
 ああリトバスのオリジナル話をアニメを作ってくんないかなぁ・・・
 正直、リライトよりそっちの方がいい。

『オーバーロード』
 今期一番のダークホース。
 まさかリッチ(アンデットの最上位種)が主役の作品がここまで大人気になるとは、誰が予想できただろうか?
 だって見た目は骸骨よ? って、あ・・・『黄金バット』があったか・・・
 この作品の最大の魅力はやはり主人公陣営のチート級の強さだろう。
「俺様強いぜえっ!」と自信満々だった敵が、
 主人公たちの圧倒的な強さの前に呆然とするのがもう痛快すぎてwww
 2期やるかなぁ? やってほしい。

『干物妹 うまるちゃん』
 個人的にはこれが覇権だと思っている作品。
 基本、うまるちゃんがダラダラしているだけたのだが、
 そのダラダラライフがマジうらやましすぎるwww
 作者にしてみたら難産の末に生まれた作品だけに
 感無量だろうなぁ。

『WORKING!!!』
 本当ならもっと話題になってもいいのに今期の良作群のせいですっかり影が薄くなってしまった。
 っていうか、内容自体も消化試合感が凄いからなぁ・・・
 やはりピークは一期だったか・・・・・・

『実は私は』
 どうしてチャンピオン原作作品はどうしてこうも残念なことになってしまうんだろう・・・
 『無敵看板娘』といい『みつどもえ』といい
 改変とかほとんどないのに、原作の面白さをほとんど引き出せていない、
 ってのはどういうことよ?
 切った人々に叫びたい
「原作はもっと滅茶苦茶面白いんだよ!!」と
 そう考えると『イカ娘』は監督からして運に恵まれてたよなぁ・・・・・・

『モンスター娘の日常』
 ついにハーレムものもここまで来てしまったか、感がすごい。
 だって今度は完全に人外よ? それでハーレムラブコメが成立してんだから凄いww
 ま、個人的には下半身が人外ばかりなので悲しいwww(まともな脚はデュラハンだけ・・・ww)

『ToLOVEるダークネス2』
 ぶっちゃけ、エロ以外観るべき要素がない・・・
 今期が良作揃いなだけに、話の浅さが際立っている・・・
 個人的にララとモモの脚以外観る要素ないし・・・www

『ケイオスドラゴン』
 今期で一番ガッカリな作品。
 いろんな意味で中途半端。
 沢山キャラが死んだりするのに、そのキャラの掘り下げがうまくいってないので、
 死んでも悲惨さがあまり伝わってこない。
 本当「なにがしたかったの?」感が凄い。

『のんのんびよりりぴーと』
 よせっ! やめろっ! やめるんだっ!!
 ぎゃあああああああっ!!!!!!!
 ・・・・・・と、心の浄化力がパないwww
 なので最終回の喪失感もハンパないwwwww
 三期、三期を・・・!!!
 え? 原作のストックがもうない?
 ならオリジナルでいいからっ!!
 のんのんのない時間が俺には耐えられないっ!!!

『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』
 Q.汚らわしいものを一切見せなければ人はどう育つ?
 ×.清らかな聖人になる
 ○.良い悪いの区別がつかないより危ない人になる
 話自体はおバカな話なんだけど、
 その実、テーマは意外とマジメな話。
 臭いものに蓋をしても、問題は水面下で余計悪化するだけ。
 規制自体は悪いことではないが、
 過剰な規制は、逆効果どころではないのだ。
 長くなるので、この辺りはまたいずれ。

『戦姫絶唱シンフォギアGX』
 いかんせん前作から間が空きすぎてるせいで、
「あれ? こいつどんな奴だっけ」とかが多いwww
 一話前におさらい用として総集編とかやってほしかったなぁ。
 話自体やキャラは面白いだけに、そこが惜しい。

『それが声優!』
 業界ネタ満載のアニメ。
 SIROBAKOの時も書いたけど、
 声優ほど残酷な職もない。
 とりあえず主人公のメガネに言いたい
「いい加減に慣れろや」www


長くなるので、2クールものはまた後日。
スポンサーサイト
2015.09.30 Wed l 他オススメ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://denjirou2002.blog109.fc2.com/tb.php/205-eb142936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)