まだ最終回じゃないんですが、

今期のアニメを観てて、少し思うところがありまして、書きました。
と、いうのも今期のアニメのラインナップはまさに
「日本のアニメ今後を指し示すもの」と感じたからです。

まず、アニメの制作現場を描いた『SHIROBAKO』。
詳しい感想はまた後日するとして、
正直、このアニメが始まると知った時は
「ええっ? アニメ制作現場の現状見せちゃって大丈夫なの?」
と、思ったのですか、(※私、元アニメ社員)
なんとかいい感じに話が進んでるので、ホッと一安心。
でも、このアニメ観て
「よーし、私もアニメの仕事やるぞー」と思う人が何人いるやらw

そして久々の新作ガンダム『Gのレコンギスタ』
なんといってもまた冨野監督のガンダムが観れるなんて・・・しかも春には
ガンダムの原点である『ジ・オリジン』が公開!
かつて一時代を築いたアニメの再始動に新旧ファンは狂喜乱舞w

そして先日も書いた
かつての金字塔アニメの続編『夜ノヤッターマン』。

他にも
去年の『アニメミライ』参加作品のTV化『デス・パレード』
新世代ともいえるロボットアニメ『アルドノア・ゼロ』
戦艦を擬人化という無茶ぶり設定を見事映像化した『艦隊これくしょん』
アイドルアニメの金字塔『アイドルマスター・シンデレラガールズ』
いろんな意味でアメージングなw『ユリ熊嵐』
シャフト独自の演出が見事な『幸腹グラフティ』
などなど・・・・・・

本当、
今期のアニメは新旧アニメが集まった感じがして、
なんか、今の日本のアニメの縮図みたいなんですよね。
(これでガイナックス風アニメと魔法少女ものがあれば完璧だったんですが)

・・・しかし、
これは個人的な主観なのですが
今期のアニメを観ていると、良くも悪くも
今年は大きなアニメの大きな転機を迎えそうな気がするんですよ。

まず、ここ最近のアニメ観て思ったのが
「そろそろド王道アニメが観たい」
もちろん、今やってるアニメがいかん、という訳ではない。
基本、萌えアニメとか日常系は好きですし。
でも・・・・・・
「こういうのが観たかった」って感じのアニメがないのもまた事実。
というか先日のジブリやヤッターマンでも書きましたが
「コレジャナイ」感や「これでは物足りない」感がどことなく・・・

というか・・・そうですね・・・
これを食事に例えるなら
『「フォアグラすっげぇ美味ぇ!!」って言ったら毎日食卓にフォアグラ料理しか出てこなくなった』
感じですかね・・・・・・

特に最近、ラノベ原作がこの傾向。
つまんなくはないんですが

・何か特殊能力を扱う学園で学園生活
・主人公の能力だけイレギュラー
・ヒロインが主人公奪い合いのハーレム状態
・組織のトップが幼女w
・何か大きい敵と戦ってるのに、味方の組織が内輪もめしてる

・・・・・・

設定カブりすぎなんじゃあぁぁぁぁっっっっ!!!!!

マンネリどころじゃねえぞ!!
最近のラノベってこんなのばっかなのかよ!!?
(注:原作者は悪くない。悪いのは放送時期考えてないおバカなお上)

そもそも、日本のアニメの一番の魅力は、
独特の感性による『多様性』にあると思うんです。
でも、最近のアニメは傾向が『片寄り過ぎ』なんですよ。
ロボ系がうければロボ系が乱立するし、
地域密着系(観光地とタイアップ)が受ければ地域密着系が乱立・・・・・・
で、中には最悪『共倒れ』になっちゃう作品も・・・

そうじゃない、
そうじゃないんですよ。
そりゃDVDやグッズが売れないと話にならないのは解りますが、
それでは多様性に富んだ日本アニメの最大の魅力がどんどん損なわれていく気がするんです。

そう思えたのは先日『SHIROBAKO』の作中作『アンデスチャッキー』を観てて
「ああ、そういえば、最近こういうアニメ作ってないよな日本」と思ったんです。
(ちなみにアンデスチャッキーは『ロッキーチャック』というアニメが元ネタです。)
まぁ、『ポケモン』と『妖怪ウォッチ』がありますが、あれはあくまで主役人間ですし。

で、ふと
「そういや最近、『昔やってた王道なアニメ』を全然観てない」ことに気が付いたんです。
「じゃあ昔のアニメ観りゃいいじゃん」と言う人がいると思いますが、
そうじゃない、
そうじゃないんです。
私は「今の人が作る王道アニメが観たい」んですよ。

厳密に私の語る王道アニメというと例えば・・・

・勧善懲悪なスーパーロボットもの(マジンガーZとかコンバトラーVとか)
・バトルしない魔法少女もの(ミンキーモモとかマリーベルとか)
・特殊能力とか持ってない主人公が知恵と勇気と根性だけでピンチを切り抜ける冒険活劇もの(未来少年コナンとか)
・動物を主人公にした奴とか(ガンバの冒険とか、ミツバチハッチとか)
・おとぎ話や偉人伝、昔の文学を題材にしたもの(まんが日本むかし話とか)

正直、もうそろそろ作ってもいいんじゃないだろうか?
今のアニメが嫌な訳じゃないんです。
ただ、「今の人が作る」こういうアニメも観たいんです。

え?「今作っても『ありきたり』?」
いいえ、本当に面白いものにマンネリはないです。
凝った設定は必要ありません。
王道でも作り方次第でマンネリなく作れます。

それにだ、
先日もテレビで、日本のアニメを海外進出させたいようなことを言ってましたが、
それならなおのこと『ド王道アニメ』を作るべきなのでは? と思います。
リメイクでもオリジナルでもいいんです。
今のアニメは極端に『A級グルメ』『B級グルメ』感のアニメしかありません。
それだけじゃダメなんです
王道のような『家庭料理的』なものも含めてこそ日本のアニメの魅力なのです。

最後にもう一度言います。
いま、日本のアニメは大きな転機を迎えようとしています。
私はできれば今一度、未来の為に原点回帰を望みます。


・・・などと難しいことを言いましたが。

要約すると


「いい加減、そろそろ王道アニメ作ってください!!」

ってことでw
スポンサーサイト
2015.03.04 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://denjirou2002.blog109.fc2.com/tb.php/182-5242c64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)