2014年ももう終わりですね。
今年は本当、大きな変動の年でした。

家族の中心であった最愛の祖母と父が立て続けに亡くなり、
生活環境が本当に大きくガラリと変わってしまいました。

ようやく新しい生活サイクルに慣れてきた一方で
「ああ、やっぱり俺ももう人生の後半に入ってしまったんだな・・・」
と、自覚せずにはいられなくなりました・・・

来年はもう少し穏やかに過ごせればいいなぁ・・・・・・




・・・・・・まぁ、気を取り直して秋アニメも一通り終わったので
レビューとまいりましょうw

以下、ネタバレ注意。

















『アルジェヴォルン』
うーん、駄作ではない。むしろ良作なのだが、いかんせん放送時期が悪すぎた。
前半はアルドノア・ゼロに、後半はガンダムとクロスアンジェに話題を全部持って行かれてしまい。
不憫なロボットアニメとなってしまった。最終回もなんともスッキリしないし。
個人的には気に入ってます。

『アカメが斬る!』
原作はまだ続いてるのに最終回はどうすんのかと思ったが、アニメオリジナル展開。
でも良い〆め方だったので(ボルスさんの妻子殺されずに済んだしw)個人的には満足。
ただ、原作もそうだったけれど、セリューがただの憎っくき仲間の仇として倒されてしまったのはちと悲しい。
ナイトレイドとイェーガーズが敵同士ながらもお互いの正義と信念で戦っているのが面白かっただけに
ここの部分だけは不満でした。
蛇足ですが、革命が成功したからって世界が平和になるとは限りません。

『俺 ツインテールになります』
うん、おバカだw このおバカさ加減が大好きです。敵も味方もバカすぎるw
後半が作画崩壊してなきゃ本当に最高だったんだけど。

『甘城ブリリアントパーク』
今期の覇権アニメはこれとゆゆゆかなぁ。
やっぱり京アニは原作付きだとめっちゃ面白い!(オリジナルも十分面白いんだけど、なんかパワーが足りない気がする)
あと三か月でどう客を25万人集めるのか? と思ってましたが、まさかそんな手があったとは・・・
でも、よーく見ると実は色々と伏線貼ってあったんですよね。
こういうところは本当に凄いと思いました。

『結城友奈は勇者である』
もうひとつの覇権候補。さすがはアカメと同じ脚本。設定がえげつないw
あの最終回には賛否両論になるところだが、私は賛派。
でも「実はもう世界はほとんど滅んでました」設定はいらんかった気がする。

『異能バトルは日常系のなかで』
なんというか・・・中途半端。
せっかく「これから面白くなるぞ!」っていうところで終わってしまった気がしてしょうがない。
後、件の幼馴染ブチギレ発言は耳が痛いw

『オオカミ少女と黒王子』
なんという王道少女漫画ラブコメw だがそれがいいw
見栄で付いた嘘が最後にバレる、という展開にならず。
最後には本当になっていく展開が、逆に心地良い。
最後まで気持ちよく見れました。

『トリニティセブン』
うん、全然これといった印象がない・・・

『失われた未来を求めて』
正直「またループものかよ!!」w
ゲーム原作の作品は本当、ループものが多い。
ゲームだと面白いんだろうけど、アニメだと一本にまとめないといけないため
どうしても「またこの展開か」感がどうしても拭えない。

『ソードアートオンラインⅡ』
面白いんだが、やはり前作の方が絶望感ある展開だけに、少しパワー不足感が否めない。
でも最終回数話に関してはマジ泣いた。

『selector spread WIXOSS』
最後はハッピーエンドで本当に良かった。
でも相変わらず原作ゲームの面白さはいまひとつ伝わらないw
(ゲーム自体は受けてるらしいからいいんだろうけどさw)

『ガールフレンド(仮)』
今期では注目されていたんだけど。いざ始まってみればすっげぇ地味。
っていうかヒロイン多過ぎww
とはいっても、原作の性質上ヒロイン絞れなかったんだろうけどさぁ・・・

『デンキ街の本屋さん』
面白かった。やっぱり1シーズンに一本はこういう作品は欲しい。
でもあの人数で店なんとかなるのか? と思ったら最終回でもっと人数いたことが判明w


残りは年内に改めて。
スポンサーサイト
2014.12.28 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://denjirou2002.blog109.fc2.com/tb.php/176-aaddbe45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)