今回はマジメな話としよう。
さて、来週はいよいよ衆議院選挙なわけです。

で、これは毎回言っていることなのですが

「投票権を持っている人は必ず投票に行くべし」

である。

とにかく、今後の日本、というか「自身の将来」を考えるなら
必ず投票に行くことである。

◎「え~、別に、めんどくさーい」
そう思ってるあなた、
それは大変「危険な」思考である。
投票しない、ということは
「民主主義として政治に対して意見する権利を放棄する」していることである。
要するに
「誰がどんな政治をしても文句を言わない」
「どんな悪法だろうが問答無用で賛成する」
と言っているようなものである。

もっと解りやすく言うと

ポル・ポト「政治にいちゃもんつけそんな知識人、ウザイので皆殺しにしまーす」
国民   「あー、はいはい、好きにして」
ポル・ポト「知識人、見分け付かないんで、メガネかけている奴、全員死刑にするね」
国民   「あー、はいはい、好きにして」

ってことですよw
いかに「投票しない」ことが危険なことがお分かりいただけただろうか?
そう、投票しないってことは
全てに反対しているのではなく「全てに賛成する」行為も同然なのだ。


◎「え~ どうせ、誰が当選したっておなじでしょ?」
そう思ってるあなた。
その通りかもしれません、が、それでも投票してください。
どうしても選びたくないなら無記名でもいいのです。

◎「え~ だったら投票行かなくてもいいじゃん」
と、思ってるあなた。
無効票でも投票率には反映されます。
大事なのは「投票率を上げる」ことです。

はっきり言って日本の選挙の投票率はとても低いです。
これは民主主義先進国としては異常なことです。
だから
「政治家は平然と国民を裏切る」のです。
だって「投票もしない奴らの意見など聞く耳持たない」のですから。
「だれがやっても同じだから投票しない」のではありません。
「投票しないから誰がやっても同じなんです」
解りますか? 国民、舐められてるんですよ?
だから投票率を上げて
「俺たち国民はちゃんと見ているぞ」という意思表示を見せないと
政治家は真剣に国民のことなんて考えません。
自分たちの「面子」「偉業」を優先させます。


◎「え~、別にいいでしょ、たかが、私の一票ぐらい」
そう思ってるあなた。その思考はとても危険です。
塵も積もれば山となる。
「たかが一票」も100、1000もなれば
それはもはや「たかが」ではありません。
そして日本で一番問題なのは
自分の一票を「たかが一票」と思っている人が国民全体の半分以上だということです。
これは非常にヤバイ、ということがおわかりですか?
あなたの一票は決して「たかが」ではありません。
とても「重い一票」なのです。


◎「誰に入れていいのか解らない」
そう思ってるあなた。
・・・・・・・・

それについてはまた次回w
スポンサーサイト
2014.12.06 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://denjirou2002.blog109.fc2.com/tb.php/173-1370d124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)